会社設立の印鑑なら品質が確かで激安のココをお勧めします。

会社設立に必要な印鑑が、とても安く買えた!

40歳を前にして念願の独立を果たし、デザイン会社を立ち上げた横山と言います。

今日は、会社設立に必要な印鑑が、とても安く買えたので、是非、皆さんにもご紹介させていただきます。

もちろん価格の安さだけでなく品質も素晴らしく良いものでした。


会社を設立したので印鑑が必要になった!

法人の会社を立ち上げるときには、必要となる書類身分証明資金など、多くのことが思い浮かびますが、案外忘れてしまいがちなのが、企業として使用する印鑑の存在でした。

まったく頭になかったせいで、これから会社を新しく設立するという折に、必要書類や手続きは進めていたのですが、途中で必要なことに気が付いたのです。

会社を設立する際にはもちろん印鑑は必要なのですが、役員・代表取締役の変更が生じた場合に必要となることと、企業実印(代表者印)を法務局に登記しなければならないのが面倒でした。

会社印には規定があることも分かり、サイズで言うと、

・大きさは1cm以上のもの

・3cm以内の正方形の形で収まるもの

ということでした。

一般的には、直径20mm程度の丸い印鑑で作られることが多いようです。

丸い形の外枠に沿うように「株式会社」、また、内側の丸の枠内には「代表取締役印」などと彫られている印鑑がほとんどです。

企業の実印という扱いになるため、登記申請株券発行・その他日常の正式文書などに必要となり、重要な契約時には必ず使用することとなります。

でも、そのように会社印が必要と分かったまではよかったのですが、何週間も待っていられない状況だったのです。

なるべく早く作れるところはないかと探していたところ、インターネットの注文からでも作成してもらえることがわかりました。

企業の印鑑なので、細かく指示したり特別なデザインなどが必要なのかなと不安もありました。

しかし、会社を設立した方々が多く注文しているようなところだったので、思い切って注文してみることにしたのです。

会社の設立に必要な印鑑の種類!

そもそも、会社の設立に必要な印鑑とは何かと思ったところ、このようなものというのが分かりました。

最初に、登記を申請する際に「代表者印(つまり実印)」が必要になります。

類似商号がないかの調査が終ったタイミングで印を手配するのが正解でした。

登記所に提出するときの印鑑の規格が、1辺30mmの正方形おさまり、10mmの正方形に収まらないものということで、変形しない材料で作製することが定められていました。

この「代表社印」となるものは、法務局に登録することで企業の実印となり、会社にとって重要な契約に捺印し、法務局より発行されている証明書を添付することで、信用を得ることができます。

また、「銀行印」も必要です。

これは、法人の銀行口座開設用に必要となるものです。

代表者印と同じものを使うことも可能とはなっていますが、銀行口座に関わるものなので、別個で作ったほうが安全です。

このふたつに関しては、たとえば印鑑作成時に、持ち手の材質や色で区別を行ったり、文字の大きさや自体で区別すると分かりやすいのです。

さらに「角印」が必要です。

これは上の2つよりも重要性は下がりますが日常的な業務で使用し、パソコンが普及してなかった時代は使用頻度が高かった印鑑です。

登録する印鑑とはちがって、簡単な書類や確認書面で使う「認め印」という扱いです。

最後に、必須ではありませんが、パソコンが苦手という方にとって、あると便利なのが「ゴム印」です。

これは、会社の住所や法人名で作成するもので、書類の文面の下部で使用したり、封筒の裏に押したり、重要性はないですがチョッとした時に、社名や住所をすぐに表記できるので、日常業務に役立つゴム印といえます。

でも私の場合は、書類は全てパソコンで作成するし、封筒は印刷済みなので必要ありませんでした。

通販で買える印鑑を調べてみた!

通販では、ほぼ、どの種類でも買うことができます。

会社用の印鑑であれば、「法人印」「実印・銀行印」「社印・団体印」、個人であれば、「実印・銀行印」(実印のさまざまなサイズに対応)、「銀行印・みとめ印」「特殊な印」(かわいいデザインや家紋をあしらったものなど)、が購入可能です。

さらに、手掘りからゴム印まで、必要に応じて、さまざまな作成方法を選ぶことができます。

「実印」であれば、木材・水牛系、水晶・メノウ、グラス系、チタン系で作成が可能で、柘・黒檀・彩樺・楓・アグニ・オノオレカンバ・黒水牛芯持・黒水牛染無芯持・琥珀・水晶・黄水晶・紅水晶・メノウ・アベンチュリン・ブルークォーツ・タイガーアイ・紫水晶・ラピスラズリ・パールグラス・カラーグラス・アクアフェアリー・パールカラー・クリアメディウムなど、数多くの素材から選択することが可能です。

「銀行印」では、上記と同様ですが、耐久性の高さ、使いやすい重さ、捺印時の朱肉の付きや押しやすさを重視して作成することが多いようです。

ブラストチタンの材質も人気が高い印鑑で、アタリ有り無しやスワロフスキーアタリ有りやブラックチタンの材質も人気が高いみたいです。

また、割印や訂正印なども購入することができます。

割印・訂正印の場合には、クリアメディウムなどのおしゃれな材質では作らず、柘や黒水牛芯持などが一般的のようです。

さらに、これらをセットで作成、購入することができ、2本入りや3本入りのケースとともに購入すると、保管や使用時にも便利です。

品質が確かで激安だったのが『Inkans.com』

この先、何十年も使う重要な会社の印鑑ですので、品質の高い物が理想です。

しかし、設立の申請をする段階で、作成時間を多く割くわけにもいきません

そこで、様々な印鑑通販サイトをピックアップし、比較検討しました。

そんな中、品質が確かで、一番価格が安かったのが【Inkans.com】というサイトだったのです。

【Inkans.com】は、創業以来ブレることなく印鑑専門販売通販として営業しているところで、企業から個人まで多くの注文依頼を受けているはんこ専門店でした。

当初、通販を通して作るのに不安を感じていた私ですが、年間数十万本という出荷をしている実績を知り、これだったら全然問題ないと思ったのです。

注文の流れもシンプルでした。

作成してもらいたい印鑑の材質等を選択⇒カートに入れ⇒作成してもらいたい文字を入力⇒決済方法を選択

この作業だけで注文が簡単に出来ました。

デザインなしの注文であるので、翌日には作成に入ってもらえ、仮にデザインの注文がある場合にも、2営業日までにデザインの連絡をしてくれます。

万が一NGの場合には、修正が可能ですし、OKとなればすぐに作成段階に入るのです。

しっかり印影プレビュー確認のサービスがあり、文字の大きさから配置、そして篆書体・印相体・古印体・隷書体・行書体・楷書体と書体の選択も可能で、それぞれの彫りあがった陰影がチェックできます。

また、旧漢字を使用の場合には、Inkans.comから旧字コードを選べば対応をしてもらえます。

細かなところですが、アタリについても有り無しを選ぶことができるのです。

この【Inkans.com】では、職人によって印材の選定が行われており、受注から文字の彫刻まで一連の作業を請け負ってくれています。

ですので、こんなにもスピード感がありながら、完成した会社の印鑑は、10年間無料保証付となり、長期間にわたって安心して使用することができるのでした。

私が決めた会社の印鑑が 柘(アカネ)3本セット

【Inkans.com】での通販の注文で、私が決めたのが『柘(アカネ)3本セット』という商品です。

値段は8,480円と激安でした。

その時、検索で1位になっていたサイトでは倍以上もしてたので、ずいぶん安く感じたのです。

この柘(アカネ)3本セットは、役所へ申請をする際、個人で起業する際に必要となる印がセットになっているものです。

「実印(代表者印)」「銀行印」「角印(社印)」と必要な3本が入っています。

会社を運営する際に必要となる印鑑が、ケースにひとつに入って届く商品です。

アカネは、他の素材とくらべて繊維分の密度がとても緻密になっていて、樹種の中でもとりわけ硬いもので、なおかつ程よい粘りを持っている材質です。

印鑑の彫刻に向いているため、よく使われるそうです。

使った後は、手入れをマメにすることで長く利用することもでき、捺印性も良いということでした。

比較的安価で購入できる材質なので、コストパフォーマンスはかなり高いといえます。

老化しやすい面もあるようですが、綺麗にして保管すれば問題ありません。

最大彫刻文字数は

・16.5mmで外枠:漢字・かな16文字、外枠:英数字 20文字、内枠:漢字・かな6文字、内枠:英数字6文字

・18.0mmだと外枠:漢字・かな18文字、外枠:英数字24字、内枠:漢字・かな6文字、内枠:英数字6文字

・21.0mmでは、外枠:漢字・かな22文字、外枠:英数28字、内枠:漢字・かな6文字、内枠:英数字6文字

となっており、社名が少し長くても対応してもらえるので助かります。

価格帯はサイズが大きくなるほど高くなるのですが、8,480円~10,180円となっており、他社で販売されてる印鑑とくらべてリーズナブルでありながら、品質が良く、変な追加料金がかかったりすることもない点がこのセットの良いところと言えます。

想像以上に高級感がある印鑑が届いた!

【Inkans.com】のアカネ3本セットの会社用印鑑ですが、届いた際に、とても高級感があり驚いたのを覚えています。

通販でしたので、万が一間違いや材質の欠け、安っぽさがあったら失敗しても勉強料と考えていたのですが、実際にはそんなことはなく、店舗で手彫りでお願いするものと全く大差のないものが届いたのです。

梱包もしっかりしており、安心しました。

印鑑に関しては、適度な弾力があるため、強く押し付けなくても綺麗に朱肉がつくのが一番使いやすかったです。

また、印本体の色も落ち着いた色味なので、会社らしい重要さを感じます。

一緒に届いたケースですが、黒と赤で綺麗に布が貼ってあります。

ジュエリーを入れられるほどのボックス仕様となっており、大変高級感があったことがとても嬉しく思いました。

アタリのあるものを注文したのですが、向きもきちんとしていて、印鑑を捺印するときに迷うことがなく便利です。

実印、銀行印、角印すべてにおいて持ちやすく、材質に艶もあり、見た目にも美しいです。

三本がセットになっているので、保管場所にも困りませんし失くす心配もなさそうです。

既に何回が使用したのですが、使用後はティッシュで綺麗にふき、持ち手の部分も拭きとると新品のようです。

丁寧に扱えば長く使えるということですので、この高級感を維持できるように手入れをしながら使っていきたいと思います。

会社で使う印鑑は、届け出ているものでもあり、中々変えることもできないと思いますので、良いものを買って大事に長く使っていくのがいいのだと思います。

想像以上に高級なものが届き、品質の高さを感じることができた次第です。

では、最後にリンクを張っておきますので、ご興味のある方は、どうぞチェックしてみて下さい。

すでに、他の会社設立の印鑑を扱ってる通販サイトをご覧になってる方は、その価格の安さに驚くと思います。

激安だった会社設立の印鑑『柘(アカネ)3本セット』はコチラ


法人印鑑【会社設立セット】

高品質手彫り仕上げ印鑑・はんこ・実印の専門店 【INKANS.COM】


■LINK